この記事では、高知県「とさやま開発公社」の有機生姜ができるまでの道のりを紹介したいと思います。

道のりは長く、4月の植え付けまでにやらなくてはいけない事がたくさんあります!
まず、畑に堆肥を入れます。
堆肥の原料は、牛ふん、馬ふん、鶏ふん、おがくず、もみがら等々。

image00

これがけっこう重労働!

運搬車で畑に運び、まいていきます。

image01

次に耕運します。

トラクターで出来るところとそうではない所があり、耕運機で行うところもあります。

image02

これからまだまだ4月の定植にはいろいろな作業がつづいていきます。

有機生姜を作る道はまだ始まったばかり!

トシエでした。