生姜出荷スペシャリスト、その名も「京ちゃん」。
ほぼひとりで、とさやま開発公社の生姜の出荷をやってくれています。

取引先のスーパーごとに規格があり、Aスーパーは1 袋 80g入り、Bスーパーは1袋100g入り、といった具合にバラバラです。
京ちゃんは取引先ごとの規格もすべて脳内にインプットされていて、取引先と量を伝えただけですべて準備し てくれます。

出荷作業はまず生姜を洗う作業から始まります。 機械で洗うのですが、この寒い時期は大変な作業です。
ベルトコンベアーになっていて、生姜を入 れるとピカピカに洗われて出てきます。

12122706_1151928078173523_8359747269737515484_n

機械で洗われ、ピッカピカになって出て来た立派な生姜。
これから京ちゃんの手によって、傷んだところなどを取り除き、出荷されます。

京ちゃん、いつもありがとう!
トシエでした。