7月になり、暑さも厳しくなってきました。
気温が上がるごとに、畑の生姜も伸びています。
もう成長した生姜の株から分結(根本からつぎつぎと新しい茎が分かれて出てくること)して、新しい芽が出始めました。
畑の生姜はそんな感じですが、今回はすでに収穫して保管してある生姜の話です。
出荷前の生姜は、生姜ツボや予冷庫などの涼しい場所に保管しているのですが、やっぱり気温が高くなるとどうしても影響を受け、コンテナに保管している生姜からニョキニョキっと真っ白い芽が出てきます。
13871861_1262901423742854_1977577716_n
この芽、出荷するときは除けてしまいますが、食べられるんです。
もったいないので生姜の荷造りを担当するキョウちゃんが、時間のある時に集めて甘酢漬けにしています。
数がそんなにとれないので、完全に自家消費用です。
キョウちゃんは毎年、芽を漬けて人に配ってます。
ビンごともらってすぐになくなってもうた、なんて人もいます。
ボクも少し分けてもらいました。
13874648_1262901417076188_676361780_n
生姜の辛みはあまりなく、さわやかな香りが広がります。
より特徴的なのはそのやわらかさです。
大きくなった生姜は繊維を感じますが、これは全然ありません。大きさも親指の爪くらいの大きさの一口サイズで
ちょうどいいです。
甘酢の甘みもいい塩梅で、どんどん進みます。
ゴハンはもちろん、カレーライスに相性バツグンでした。
もちろん日本酒のあてにも(笑)
今度はビンごと分けてもらいたいですね。