私が事務所でPCに向かい、数字と戦い、電話を取っている間に、生姜はプランターですくすくと育っておりました。

雑草もすくすくと育っていたので、見かねた職場の仲間が、雑草を引いてくれました。

この時はまだ芽も数本で、葉も少なかったんですが、数日の雨で急に伸びて、土が盛り上がり、植えた生姜が姿を現し始めました。

私には、「生姜が見えゆよ」と言われても気づけないくらいの「地割れ」も現場では目を配り、このころ「土寄せ」ということが行われるようです。

ということで上司に習い、植えてから約70日後に「土寄せ」をしました。
生姜を隠すような感じで土を根元に寄せてあげます。この時、3つの生姜から5~6本の芽が出ていて、葉は、1本に7~9枚ってところでしょうか。
上司いわく、3つの生姜なら10本くらい芽がでるかな。ということなので、また何日かして確認すると、20日後には10本目の芽が。

いつの間にか葉も1枚1枚が大きくなり、茎も太く。
こうやって、生姜が大きくなるんだなと思うと愛着が湧いてきました!

さらに10日後、様子を見てみるとまた生姜が顔を出していました。。。
2度目の土寄せです。

プランターなので、生姜の成長にも限界がありますが、これからも定期的に観察して、収穫を楽しみにしたいと思います。