高知での夏の定番野菜『りゅうきゅう』を紹介します。

7-1

全国的にはめずらしく『りゅうきゅう』と言いますが、正式には『ハスイモ』。

イモと言っても芋部分は小さくて食用にならず、茎だけを食べる里芋の仲間です。
成長すると大人の背丈を超えるものもあります。

7-2

暑い夏は酢のものがおすすめ!

作り方(材料4人分)

りゅうきゅう…1本
青じそ…適量
太刀魚の身(あじ、かますでもよい)…適量

酢…大さじ3
塩…小さじ3分の2
さとう…大さじ1

①りゅうきゅうは皮を剥ぎ、削ぎ切りして、水にさらし、塩をふります。しんなりしたら軽くもんで水分をしぼる。
②太刀魚は細かく切り、塩をして酢につける。
③りゅうきゅうと、太刀魚を合わせ、酢、さとう、塩で料理する。
④器に盛り、千切りにした青じそを飾る。

7-3

炒めものはお好みの味付けで、下処理はおなじように、皮をはぎ、削ぎ切りし、水にさらします。

その他 かぼちゃと一緒に煮たり、刺身のつまや、味噌汁に入れても。衣をつけててんぷらにしても美味。

※また、りゅうきゅうはアクがあり人によってはかゆくなるのでキッツチン手袋をするとよい。