ようやくこの日がやってきました。

とさやま開発公社の有機生姜の収穫はすでに始まっていたのですが、なかなかお天気と都合が合わず、私が育てるプランター生姜の収穫が、11月下旬になってしまいました。

青々しい葉もすっかり黄色くなってしまい、ちょっと不安でしたが、理事の大崎に教えてもらい、葉に手をかけて引っ張ると・・・

イメージでは、スッと抜けるのかなと思っていたのですが、これがなかなか苦戦しました。結局、私一人の力では収穫できず・・・理事の力を借りての収穫となりました。。。

たくさんの土を丁寧に除くと、新生姜と当時植えた種イモが見えてきました。

土を除くと、次は生姜から茎を切り取ります。

ここでようやく普段自分たちが見ている生姜の姿に近づいてきました。

あとは、この状態で生姜壺に保管され、出荷されるときに綺麗に洗われて、皆さまのお宅に届くというわけです。

プランターという限られたスペースの中でしっかりと根を張って、大きく育った生姜を見ると、また作りたい!という気持ちになりました。

本来ならこの倍くらいまで育つ生姜。次は、種イモ1つ植えたらどうなるんだろう。1つでも同じくらいの大きさまで育つんだろうか。

来年、またチャレンジしてみたいと思います!

畑がない方でも簡単にできるので、ぜひチャンレジしてみてはいかがでしょうか。