こんにちは!池ちゃんです。

12月17日、晴れてのひろめ市場の立ち飲みエリア「HIROME BAR(ひろめバル)」がオープンしました。

立ち飲みスタイルのお店が一気に5店舗!どこもオシャレな雰囲気で、夕方ごろにボクが邪魔をしに行ったときには、もうすでにお客さんでいっぱいいっぱいでした。

客層も当初の予定通り若い人、それも女性の方が多かったように見受けられました。全体的に落ち着いた感じで、いい雰囲気でしたね。ひろめ市場北口のガス灯がノスタルジックな感じです。

本当にここは高知か?

われらが夢産地とさやま開発公社が手がける「イモバルTOSAYAMA男爵」は、店長が土佐弁でいうところの「まいまい」してましたが、みんな生き生きと張り切って仕事をしていました。

店長も試飲会の時よりもビールの注ぎ方がうまくなっており、この短い期間によくぞここまで…!と、感慨深く僕もそのビールを頂きました。

ビールと土佐山ジンジャエールのカクテル「シャンディガフ」も、生姜の辛さとビールの味がちょうどいい塩梅に絡み合い、美味しかったです。

料理もいろいろあって、この日はアンチョビソースがかかったジャガイモをいただきました。その他、ジャガイモのグラタンやみたらし味のジャガイモ団子もあり、通い詰めて全メニュー制覇をしたいところです。

土佐の酢みかんカクテル3種類(柚子・直七・仏手柑)の飲み比べもしましたが、おなじ柑橘の果汁でも、色、香り、そして味と、ここまで違うのかと驚きでした。それぞれに合う料理を探していきたいですね。

エリア全体をプロデュースしていただいた大原一郎さん

このとき一緒に飲んでたんですけど、雑談の中で「オシャレな雰囲気に仕上げたけど、見上げるとむき出し天井にケーブルが通っているっていうのがひろめらしくもありいいよね。」と一言。

言われてみると確かにそうかと、うなづけます。