ゆずが黄色く色づく季節。
ここ高知県土佐山では、収穫の最盛期を迎えています。

今回は、高知県民ならだれもが知ってる『ゆず酢』の紹介をします。

まず『ゆず酢』とは・・・・・?

答えは、ゆずを絞った果汁そのもの。高知県以外の方に「お酢がはいっているの?」とよく聞かれますが、入っていません。(保存用に、果汁の中に塩を添加している物はある)


写真はとさやま開発公社が販売しているゆず酢300ml、360mlです。(公社のもは塩は無添加)

定番の使い方は田舎寿司や、ぽん酢、ゆずドレッシング、ゆずジュースなどです。今の季節はお鍋がおすすめです。食卓にゆずが香りが広がり、とてもお鍋がぐんと美味しく頂けます。

柚子はまるごと、皮や、種までも焼酎に漬け化粧水にして使います。このブログではゆずジャムユズカードなどを紹介してきました。

今回ここでは「ゆずジュース」の作り方を紹介します。
材料
・ゆず酢  200CC
・砂糖   300g
・はちみつ 10g
・水    100CC
作り方
① ゆず酢以外の材料を混ぜ、80℃くらいまで加熱し、最後にゆず酢を入れて混ぜる。
② 水または湯で4~5倍に薄めて飲んでください。
※暑い夏はアイスで、寒い冬はホットで楽しめます。

保存方法
・きれいに洗ったビンに80℃のお湯をいっぱい入れる。
(冷たいビンに入れると割れてしまうので、除々に温度をあげたお湯を入れます)
・10~15分おいて湯を捨て、火からおろしたばかりのジュースを熱いうちに注ぎます。
・口いっぱいまで入れてふたをする。

冷暗所で保存してください。
土佐山では、自家栽培のゆずを自宅でしぼって冷蔵庫で保管し、年中調味料として使っている家庭が多いです。

今年も、2018年度収穫の新物ゆず酢が出来上がっています!是非使ってみたい!という方は、土佐山ジンジャーエールのご注文などの際にご一緒に配送も出来ますので(数に限りがございますので、事前にお問い合わせください)、こちらのサイトFBページなどから承っております!